読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もNOT FOUND

雑感と考察とも言えない何かを不定期に

いっつも染み渡られてんなお前

あけおめことよろはじめまして

正月太りが気になる今日この頃です

 

突然ですが五臓六腑って全部言えます?

よく美味いもん食った時に染み渡られてるあれです

たぶん春の七草より正答率が下がると思いますが

 

 

正解は五臓心、肝、脾、腎、肺)、六腑(胃、胆、小腸、大腸、膀胱、三焦

五臓の方はまぁ聞いたことがあるような感じ

一方で六腑の方は胃とか胆のうとか消化器系かなって感じですが

実際の臓器に即した構成になってます

 

が、

 

ひとつよく分からん奴がでてきました

三焦(さんしょう)

馴染みがないのもそのはず、コイツの正体はいまだ不明です

 

東洋医学での役割は消化を助けて血液と気を全身に巡らすよ

とか何とかでリンパ管説、ホルモン説、消化酵素説、膵臓説とか

広い範囲で考えて内分泌系全てだよって説とかあるんですけど

他の部位が具体的なのに三焦だけもやっとした立ち位置で

 

結局平成も29年になるのに特定されていません、何でや!

      雑学ネタとしてはオイシイけど……

 

そこで今回取り出したるは正月三日に発表されたこの記事!

gigazine.net

ネタバレすると新しい臓器ってのは腸間膜なんですけど、発見者曰く

 「100年以上信じられていた解剖学的な説明は正しくありませんでした。この臓器は断片化されておらず、複雑でもない、1つの連続的な構造なのです」 

 

これは……ひょっとしてまさか?

肝心の機能は?

 

腸間膜が持つ臓器としての役割はよくわかっていない

 

結局まだよく分からんのか―い笑

 

 研究チームはこれから腸間膜の持つ「機能」に関する研究を進め、何が腸間膜の「異変」なのかを明かにすることで病気の治療に役立てる予定です 

 

近い将来、三焦の謎が解き明かされる日を楽しみに待ってます

 

ということで新年に始めたこのブログ

考えたことを思いついた時に書きます

どうぞよろしくお願いします